なぜニンニクが体にいいのか?

ニンニクが体にいいと言う事は、皆さんご存知だと思います。
でも、なぜニンニクが体にいいのかと質問されると、きちんと答えられる方は少ないのではないでしょうか。
それでは、なぜニンニクが体にいいのでしょう。
まず、ニンニクに含まれるビタミンB1は、疲労回復に役立つビタミン類と言われていますが、水溶性の為に体内に長い間留めておく事が難しいビタミンです。
けれど、ニンニクの臭いの元でもある「アリシン」がビタミンB1と結合する事により、「アリチアミン」という物質に変化し、脂溶性となります。
すると、体内での長期蓄積が可能となり、体が疲労するとその物質を取り出して利用出来るようになるのです。
この事が、ニンニクを食べると疲れにくくなると言われている事に繋がるのですね。
アリシンには他にも、強い抗菌作用や免疫力増強作用もありますので、病気に負けない体作りや動脈硬化予防にも役立ちます。
また、ニンニクには「スコルジニン」と言う成分も含まれていますが、これは細胞の働きを活発にしたり、血流を改善したりするとされています。
つまり、新陳代謝を盛んにして、体を元気にしてくれる働きがあるのです。
アリシンとスコルジニン、この2つの成分を含んでいる事でニンニクが体に良いと言われているわけです。
毎日ニンニクを少量ずつ食べる事によって、疲労回復はもちろんの事、滋養強壮や食欲増進、血圧降下、さらには、コレステロール値の低下まで効果が期待出来ます。

なぜ卵黄が体にいいのか?

卵は栄養の優等生という言葉を聞いた事はありませんか。
卵は確かに栄養がたっぷり詰まった食品として有名ですが、その中でも卵黄にはビタミンCとナイアシン以外全ての栄養が含まれている栄養面ではとても優秀な食品なのです。
例えば、卵にはコレステロールが多く含まれているので、コレステロール値が高い人は卵を食べてはいけないと言った話を耳にした事があるでしょう。
ところが、最近では、卵にはコレステロールが多く含まれているけれど、卵をたくさん食べたからといって血液中のコレステロール値が上がる事は無いという研究データが出てきました。
それは卵黄に含まれているレシチンの作用によるもので、血管内にある悪玉コレステロールを排出してくれているのです。
その他にもレシチンは、アンチエイジングや成人病予防にも効果があると言われています。
そのレシチンを常に新しい状態で補給してくれるのが、卵黄なのです。
また、卵黄に含まれているコリンは脳を活性化するため、痴呆の予防にも効果的だと注目されていて、体内で神経伝達物質であるアセチルコリンに変化し、記憶力や学習能力をアップさせる事も判っています。
それに、卵黄に豊富に含まれている食物繊維は、便秘予防と共に発がん物質を体外へ排出してくれる働きもあります。
このように、卵黄は栄養面でとても優れた食品です。
コレステロール値が高くなると恐れていないで、積極的に摂取した方が良いと言えるのではないでしょうか。

関連サイト、お役立ちサイト紹介です。

借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。

関連リンク&お役立ちリンクです。