にんにく卵黄に含まれるアシリンって何?

にんにく卵黄には、アリシンという成分が含まれています。
これは、にんにくのにおいの元になっている成分です。
にんにくのにおい、わかりますよね。
あの独特のにおいです。
アリシンは硫化アリルの一種で、にんにくの他、玉ネギやニラ、らっきょう、エシャロットなどにも含まれ、刺激のあるにおいや辛味の成分になっています。
にんにくに含まれるアリシンは、自生しているものには存在しません。
でも、にんにくを刻んだりすると、酵素アリナーゼの作用により、化合物アリインから変換され、独特のにおいを発するようになります。
そんなにんにくを利用して作られるにんにく卵黄には、健康や美容に良いとされるさまざまな作用がありますが、そのカギを握っているのがアリシンです。
まず、挙げられるのが滋養強壮。
アリシンは、ビタミンB1と一緒に摂取することで、新陳代謝がアップし、慢性疲労や筋肉疲労の回復につながります。
毎日、にんにく卵黄を摂ると、疲れにくくなり、スタミナがついてきます。
また、アンチエイジング効果もあります。
アリシンには老化防止に欠かせない抗酸化作用がある上、卵黄に含まれている中性脂肪と合体し、脂質アリシンという成分に変化。
これが血管内の老廃物をデトックスし、血液をサラサラにします。
そのため、血液中の脂質を減らし、糖尿病、高血圧、動脈硬化の予防にもよいとされています。
他にも、アリシンにはホルモンの分泌を盛んにしたり、神経の鎮静化、不眠症の改善、発汗作用などがあります。

さまざまな効果があるとされるアリシンを含むにんにく卵黄は、ガンの予防にも効果があるとされています。
健康と美容のために、あなたもにんにく卵黄を飲んでみませんか。

関連ページ

にんにく卵黄って本当に効果あるの?
にんにく卵黄は多くの会社が発売していることもあって、知っている人も多いと思います。しかし実際のところ、にんにく卵黄は身体に良いのでしょうか?それに、にんにくの臭いは大丈夫なの?それらの疑問を見ていきましょう。
にんにく卵黄って臭いがしない?
にんにく卵黄は多くの会社が発売していることもあって、知っている人も多いと思います。しかし実際のところ、にんにく卵黄は身体に良いのでしょうか?それに、にんにくの臭いは大丈夫なの?それらの疑問を見ていきましょう。
にんにく卵黄を食べ続けるとコレステロールが高くなる?
にんにく卵黄は多くの会社が発売していることもあって、知っている人も多いと思います。しかし実際のところ、にんにく卵黄は身体に良いのでしょうか?それに、にんにくの臭いは大丈夫なの?それらの疑問を見ていきましょう。
にんにく卵黄には副作用がある?
にんにく卵黄は多くの会社が発売していることもあって、知っている人も多いと思います。しかし実際のところ、にんにく卵黄は身体に良いのでしょうか?それに、にんにくの臭いは大丈夫なの?それらの疑問を見ていきましょう。
実はにんにく卵黄は自分で作れる?
にんにく卵黄は多くの会社が発売していることもあって、知っている人も多いと思います。しかし実際のところ、にんにく卵黄は身体に良いのでしょうか?それに、にんにくの臭いは大丈夫なの?それらの疑問を見ていきましょう。